もぉっ!やる気がなくなる言い方せんで!娘に気づかされた「伝え方」

以前、試験中の娘を怒らせたことがあります。

怒らせたというより、私の一言が彼女のやる気を削いでしまいました。

 

marine

 

その日の勉強時間を彼女なりの段取りで決めていたのに、

何もしらない私にいきなり「勉強しなさい!」と言われてしまった娘は、

 

「やる気がなくなる言い方せんで!」(せんで=しないで 博多弁)と言って、

ほっぺたをふくらませて怒ってしまいました。

それは完全に伝え方のミスでした。

 

今ではこう伝えています。

 

 

 

「難しい勉強してるんだね~」

⇒そうだよ~難しい!

「こんな難しい問題が解けるなんてすごいね」

⇒そう?

「解けたら見たいな。見せてくれる?」

⇒まあ、解けたらね~

「じゃあ、待ってるね!」

⇒わかった!待ってて!

 

です^^

 

がんばって解いて、自慢げに見せてくれました^^

もちろん毎回こんなこと言いません。

ここぞ!と言う時だけです。

 

伝え方で人生が変わります。

伝え方ひとつで、 NOもYESに変わるのです。

上手な伝え方にはレシピがあります。

 

上手な伝え方 基本の3ステップ

基本の3ステップをお教えしますね!

 

●ステップ1

頭の中で思ったことをそのまま言葉にしない

 

もちろんストレートに伝えるのが悪いわけではありません。

ただ、相手に気持ちよくこちらの思う方向に動いてもらいたい時、

そんな時は、思ったまま口にするのは控えたほうが無難です。

 

 

●ステップ2

相手の頭の中を想像する

 

ストレートに伝えたら相手はどう思うだろう?

どんな反応が返ってくるだろう?

もしもNOと言いそうならそのまま話してはいけません。

相手の性格や、好きなこと、嫌いなこと、嫌がることを想像しましょう。

 

 

●ステップ3

相手のメリットと一致する“お願い”をつくる。

 

相手のメリットと自分のメリットが一致する“お願い”を作るためには、

相手の立場に立って言葉をつくることをします。

 

 

 

伝え方で人生が変わります。

伝え方ひとつで、 NOもYESに変わります。

 

「勉強しなさい!」は、頭の中で思ったことをそのまま言葉にしていますが、

「解けたら見せてくれる?待ってるね!」と伝えてみる。

たったこれだけで「伝える」ストレスが無くなり、相手もこちらも幸せになれるのです。

 

「しゃべる」は誰でもできますが、

「伝える」ためには知恵が必要で、

「伝わる」ためには技術が必要です

 

 

【美人力を上げる、たったひとつの「伝わる」集客動画】

ここで必要な「シナリオ」を構成する言葉や音楽、写真や映像も、

「伝わる」には技術が必要です。

 

ビジネスで使う言葉はプライベートのそれよりも

断然強く伝わらないと売りたいものは売れません。

 

1日も早く実践的なことを知りたい方は講座にお越しください。
その技術をぜんぶお教えします。

 

お申し込みはこちら

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事