スティーブジョブズと同じテクニックで、強い言葉が簡単に作れる方法

今日はお客様の心を大きく動かす「強い言葉をつくる技術」をお伝えします!

 

63-1

 

ビジネスに「言葉」は不可欠です。

これはFacebookやYoutubeなどのSNSでも同じです。

 

強い言葉を持っている人ほどビジネスは確実にうまくいきます。

そして、人を動かす人は、強い言葉を必ず持っています。

 

歴史をたどってみても、名を残した人って明言や格言も残していますね。

まさにこれが「強い言葉」です。

料理にレシピがあるように伝え方にもレシピがあります。

 

プロの料理人と全く同じ料理はできなくても、

レシピがあればイイ線いったものはつくれる!

 

では「強い言葉をつくるレシピ」!

それはいくつかありますが、特にお教えしたものがあります!

 

 

強い言葉をつくるレシピ

それは、あなたが、スティースティーブジョブズになれちゃう技術!です。

 

63

 

Appleの創始者、故スティーブジョブズ氏は多くの名言を残しています。

私はマッキントッシュ(現Apple)が日本に入ってきた時から、

ここのパソコンを使っているので(当時は1台100万円以上しました!)

 

63-2
よく固まる初代マック♪

 

アーティストでありビジネスの天才である彼のことを大変尊敬しています。

彼の名言も大好きです。

中でも強烈な彼の言葉は、

 

「イエスではなく、ノーと言うべきだ」

 

です。

 

一度追われたAppleにジョブズが返り咲いた時、

Appleにはおよそ40種類もの商品がありましたが、

これ、という商品がほとんどありませんでした。

 

これでは勝てないし利益も生まれない。

 

そう判断したジョブズは最終的に、たった4つの製品に絞り込み、

Apple再生への一歩を踏み出しました。

 

この時のことはよく覚えています。

店頭のMac製品は、誇りじゃなくて正にホコリをかぶってましたから。

Appleは彼のこの一点集中で、見事に返り咲きました。

 

何かに絞り込む時は、イエスではなく、ノーと言うべき。

製品開発において「ノー」から始めるジョブズがいたからこそ、

今のApple製品があるのですね。

 

イエスではなくノーと言うべきだ。

 

これは【ギャップ法】という技術で作られた言葉です。

とても強い言葉が作れます。

 

 

●ギャップ法

他は知らなくてもいいので、この【ギャップ法】だけ知っておくと何かと役立ちます。

コツは伝えたい事と正反対の言葉を手前に入れる!です。

 

イエスではなくノーと言うべきだ!

ね?

手前に正反対の「イエス」が入ってるでしょ?

 

たったこれだけです^^

ジョブズの名言にはやたらこの【ギャップ法】が多いです。

 

他にも、

となりのトトロの「夢だけど!夢じゃなかった!」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

「美女と野獣」

なんかもそうですね。

 

「好きじゃないけど嫌いじゃない」

「嫌いじゃないけど好きじゃない」

どうです?

 

手前に置く言葉が違うだけで、伝わる意味も全く違いますね。

 

好きな人に、前者を言われたら脈あり^^

後者を言われたら失恋決定。

そのくらい意味合いが変わります。

 

言葉はとても大切です。

伝え方ひとつで売上が変わります。

 

確かに伝え方にはレシピがあって技術を磨けば伝わります。

が、「伝えたいこと」が無いと結局何も伝わりません。

 

あなたが、誰に向かって何を伝えたいのか、

ここが最も重要であり、売上を上げる要です!

 

ああなたが、

「誰の」

「何を解決する」

「何の専門家なのか」

ここをしっかり決めて初めて【強い言葉】が生きてくるのです。

 

ぜひ、あなただけの強い言葉を作って、未来のお客様に届けましょう^^

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事