起業家は、卵を売ってはいけません。「なぜ」が言える起業家になりましょう

今回は、わたしがとても好きな話しをご紹介します。

 

 

アメリカのマーケティング・コンサルタントのサイモンシネック氏の本、

「WHYから始めよ!」からのご紹介です。

 

 

世の中の誰にせよ、どんな会社にせよ、自分たちが何をやっているのかはわかっています。

車を作っている、ハンバーガーを売っている、スマホ動画を教えている、会社を経営している、こんな風に、「何を」やっているかはわかっています。

 

でも、「なぜやっているのか」がわかっている人や組織は少ない。

 

64-1

 

何のために?

その組織が存在する理由は?

何のために朝起きるのか?

なぜそれが大事なのか?

 

どうでしょう?あなたは、なぜ今、私のメルマガを読んでいるのでしょう?

 

なんとなく?

届いたから?

毎日の習慣?

役に立つから?アリガトウゴザイマス!!

 

これはビジネスのコア(核)です。

なぜこの仕事をしているのか?

 

ここがすっぽり抜け落ちている起業家がとても多いです。

そして悪いことに、抜け落ちていることに気付いていない!非常に危険です。

 

 

卵を売ってはダメ

 

64-2

 

 

「卵を売ってはダメですよ」

これは、私が自分の講座で皆様にお伝えする大切なことです。

 

卵はどこのスーパーでも、どこのコンビニでも売っています。

ブランディング力の弱い(無い)卵は1円でも安い方が喜ばれます。

 

つまり、その店で卵をわざわざ買う意味が無いのです。

 

卵しか売るものが無い起業家は自転車操業から抜け出せません。

でも、その卵に、思わず買いたくなるどうしようもなく感激する理由と魅力があったらどうでしょう?

 

それが「なぜ?」の力です。

 

64-3

 

なぜこの卵を売っているのか。

なぜこの卵は1玉500円なのか。

なぜこの卵を作ろうと思ったのか。

なぜこの卵を買う価値があるのか。

 

この「なぜ」からスタートし、その「なぜ」を伝えることでビジネスを成功に導いた企業、思想を世界中に広めた人物がいます。

 

それは、

アップル

スターバックス

サウスウェスト航空

スティーブジョブズ

ライト兄弟

キング牧師

などです。

 

人の心は、「何を」ではなく、「なぜ」を示したときに動きます。

これは、プレゼンの時や、想いを人に伝え、ビジネスを成功に導くためにもとても有効な斬新な伝え方です。

 

同じパソコン屋なのに、DELLAppleに、

なぜこれほどまでの人気と売上の差ができてしまったのか。

 

それは、「何を」「なぜ」の違いだったのです。

 

とても面白い話しですので、ここは次回お伝えします!

 

情報が洪水のように溢れる現代、昔と同じメディアの使い方では伝わりにくくなっています。

そして残念なことにこれからは、伝わらないだけでなく届かなくなっていきます。

 

あなたを必要とするお客様は、まだあなたを見つけていません。

あなたの情報を探しています。

いつも検索しています。

 

未来のお客様に見つけてもらうために、未来のお客様の問題を解決するために、

あなたの伝える力を磨いて、お客様の心に感動を届けましょう!

それが、起業家のやるべきことなのです。

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事