お客様のために青写真を持つ!勇気ある起業家だけがうまくいく

 

子どもの頃、父の会社に遊びに行くのが大好きでした。

 

そこには大きなスコップや見たことのない外国の機械、

ピカピカのドライバー、ブカブカのヘルメットなんかあって、

おてんばなわたしには飽きることのない遊び場でした。

 

中でもかっこつけて大人の真似をしていたのが、建築用の製図台でした。

 

 

まだコンピュータが高価な時代ですから、製図は全て定規でひいていました。

子ども心に、何か作るときはこうやって図面を起こし、

細かいことを先に決めるんだ、と腑に落ちたものです。

 

大人になって洋服のデザイナーになりましたが、

洋服をつくるときも必ず製図をひきます。

 

わたしはこの製図を引く仕事(パタンナーといいます)も兼任していましたので、

自分でデザインした洋服の等身大の製図をひき、縫製工場に指示書を書く、

という仕事を毎日していました。

 

縫製工場に出すために製図のコピーが必要なので、

近くのコピー屋さんに行き、1枚コピーしてもらいます。

 

今では考えられないような完全にアナログな世界ですが、

自分の書いた製図が真っ青な大きな紙にコピーされる瞬間が好きでした。

 

 

この紙のことを「青写真」といいます。

 

「青写真」とは、青色に発色する感光紙に焼き付ける複写技術のことですが、

もうひとつ、別の意味もあります。

「青写真」それは、「未来の構想」です。

 

 

青写真を描く

ビジネスの未来をデザインするとき、青写真が無いとそれは実現しません。

ただの妄想で終わります。

そして、景気や環境、社会や家庭のせいにしてあきらめてしまいます。

 

青写真を描かなかったから実現しなかったのに、何かのせいにしてごまかしちゃだめです。

わたしは今、たくさんの女性起業家さまと出会うようになりました。

 

正直申し上げて、青写真がある方はほんの一握りの方です。

みんな妄想です。

 

そして、驚くのはみなさん、ご自分に青写真が無いってそのことをご存じなのです。

私の講座に来られる方はそこに気付いているとても意識の高い方たちばかりなのです。

「このままじゃだめだ」ってわかっている。

だけど、何をどうしていいのかわからない。

 

いいですか?

 

みなさんがそうであるように、みなさんのお客様もそうなのです。

 

困っているんです。

悩んでいるんです。

解決したいんです。

 

だから、わたしは講座をやっています。

みなさんの抱えている問題を解決したいから、

そのために、動画をつくり、メルマガを書き、必要なことを勉強し、

いろんな発信をしています。

 

困っている方に届くように。。。

 

皆さんは、未来のお客様のことをどれくらい考えていますか?

届くように、知ってもらえるようにちゃんと勉強して、発信してますか?

 

「青写真」を持ちましょう。

 

青写真のつくり方が分からない方はどうぞ講座にいらしてください。

わたしの講座はただ動画をつくる講座ではありません。

大きなことに気付いて、考えて、行動に移す、

女性が輝き続けるためのきっかけになる講座です。

 

情報が洪水のように溢れる現代、

昔と同じメディアの使い方では伝わりにくくなっています。

 

そして残念なことにこれからは、伝わらないだけでなく届かなくなっていきます

 

あなたを必要とするお客様は、あなたを見つけていません。

あなたの情報を探しています。

いつも検索しています。

 

未来のお客様に見つけてもらうために、未来のお客様の問題を解決するために、

あなたの伝える力を磨いて、お客様の心に感動を届けましょう!

 

それが、起業家のやるべきことなのです。

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事