お客様が動画に求めるものはコレです

 

前回、映像と動画の違いをお話ししました。

映像監督の私が女性起業家の皆様に教えているのは、伝わる集客「動画」講座。

 

85-1

 

 

そうです。

映像」ではなく「動画」をお教えしています。

動画とは読んで字の如く「動いている画」のことです。

カメラで撮影したままの素材を2枚つないだだけでも立派な「動画」です。

 

編集済みの長い「映像作品」は、少し前のネット回線では配信不可能でした。

だからインターネットに「動画」が普及したんです。

短く、軽い動画は、インターネットにぴったりだったんですね。

 

さて問題は、これからの時代。

どういう動画をインターネットで活用をしていったらいいか、です。

 

 

動画を活用する

インターネットでは、無理して本格的な映像を作る必要はない、と思っています。

 

というのも、動画は映像と違って、

FacebookでもYouTubeでも、ブログでもホームページでも、

インターネット上のツールは文字や写真やイラストでも表現ができるからです。

 

細かな情報や、刻一刻と変わる情報などは、すべて文字や写真で表現すればいいのです。

わざわざ映像に入れ込む必要はありません。

「映像」と呼ばれるものは、そのものが1人歩きします。

 

DVDになったり、Blu-rayになったり、テレビで流れたり、街の大ビジョンで流れたり。

そこに、情報を補ってくれる文字や写真やイラストは、ほぼありません。

 

ですので、映像だけで伝えたい情報全てを上手に伝える必要があります。

 

でもインターネットは違いますね。

ネットの良さというのは、真の意味での「メディアミックス」にあります。

 

文字で解説すべきことは文字で、

写真やイラストで表現するものは写真やイラストで、

そして動画は動画でしか伝えられない内容に特化する。

それぞれの表現を使い分けながら、

最も効率よく伝える手段としてネットは優れているわけです。

ですので、ネット上で流す動画は編集に凝らなくていいのです。

簡単に気軽に作っていいのです。

 

集客動画は特にそうです。時間をかけて作ってはいけません

また、起業家がつくる動画に

「かっこよさ」とか、

「お洒落」とか「キレイ」とか

をお客様は求めていません。

 

 

お客さまが求めているもの

この人は一体私の何を解決してくれるのかしら?

この人は本当に人間なのかしら?

この人は実在してるのかしら?

この人はどんな想いで仕事しているのかしら?

この人は・・・

 

こんな風に、お客様が動画で知りたいのは、起業家の「あなた」そのものです。

文字情報や補足説明はすべてブログやホームページでやればいいのです。

お客様にしっかり伝えたいのなら、1カット、編集無し!

くらいの動画でも十分すぎる効果があるのです。

 

伝わる集客動画はまさにお客さまが見たい、

知りたい情報だけをズバッと伝えることができる、ただひとつの動画なのです。

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事