ブランディングのコツ:曖昧さを無くしてハッキリさせる

「メラビアン」の法則

あなたの魅力を引き出すための演出について少し考えてみられましたか?

 

人は見た目9割で判断する

 

残念ながらこれは真実のようなので、ご自分のブランディングをしっかりやって、最大限に魅力を伝える演出を考えてみましょう!

 

とは言え、自分1人ではなかなかできないブランディング。一日も早く起業家としての土台を固めて発信していきたい方は、早めに講座参加されることをオススメします。参加された方の9割は、「ブランディング」についての考え方がガラリと変わっていらっしゃいます。

 

 

講座の様子

 

 

お申し込みはこちら

 

 

 

さて今回は、ブランディングの世界では定番として使われている「魅力を引きだす演出のコツ」5つの内のまず1つめ、「曖昧さを無くしてハッキリさせる」についてお話ししますね^^

 

 

1)曖昧さを無くしてハッキリさせる

何かを伝えるときや表現するときに、解釈に迷う曖昧な表現をすると相手は混乱し、伝わらなくなります。こういう時は、曖昧さをなくしはっきりさせることが必要です。

 

 

恋愛でもそう!

別れ話を切り出しながら「これからも友だちでいよう」なんて言って抱きしめ(られ)たりしたら、言われた方はたまらない。いつまでもひきずったり、別れられないと思うかもしれない、

てか、こういうの大迷惑だし(-.-)

 

このように、曖昧さを残すと、本当に伝えたいことが伝わりにくくなるんですね。

さらに、もっとわかりやすい例!

 

 

●優れたブランディング

商品やサービスのブランディングもいかに曖昧さを取り除くか!が重要なポイントです。

 

スターバックスのロゴ

アップルのロゴ

DELLのロゴ

など、

ロゴマーク

 

 

ロゴを見ただけで、一瞬で、表現しているもの売っているものが何かを思い出させる、これが、優れたブランディングに基づいたコミュニケーションツールです。

 

誰がいつ、どこで見ても、人目で「それ!」とわかるようでなければマークの役割は果たせません。

 

例えば、グラデーションを使ったロゴや微妙な中間色を使ったロゴなどは、印刷の度に紙やインクの状態に左右されるので、同じ色の再現がとても難しくなるわけです。

 

 

●受け取るすべての人の解釈を100%同じにする

そのためには、ご自分の魅力を伝える道具は微妙なニュアンスや曖昧さを極力減らし、明確な状態で見せることが大切なのです。ご自分の魅力を伝える道具その中で最高に強いのが「動画」です。

 

動画は完璧にご自分の魅力をストレートに伝えてくれます。

だから「伝わる」

だから「売れる」のです。

 

講座に来られた方は、どんどん変わられています。そして、どんどん売れています。

「いつかとお化けは来ない」お早目の受講をオススメします^^

 

次回は2つめ、

2)目印をつくる

についてお伝えします!

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事