Facebookの友達の友達は未来のお客様

あなたは、facebookをされていますか?

2015年のfacebook全国のユーザー数は2,686万人。

人口100人あたりユーザー数は21.13人、国民の20%がユーザーという計算になるそうです。

 

 

都道府県別統計統計とランキングで視るより

http://todo-ran.com/t/kiji/13949

 

分布地図を見ると、三大都市圏を筆頭に都市部でユーザーが多く地方で少ないのがよくわかりますね。諸説ありますので、何をどう信じて行動するかはもちろんその方の自由なのですが、1人の起業家として何かを真剣に発信したいと思う時、facebookは非常に有効です。

 

先日、女性起業家の方からこのようなご相談をいただきました。

 

ーーーーーーーーーーー

facebookの友だち申請がだんだん苦痛に・・・。

友だちは何人くらい必要ですか?

友だちを増やすことの必要性は分かっているのですが、自分から申請する行為が苦痛…。

営業が苦手なことにもつながっていますね。

「こっちから声かける」「かけ続ける」という状態が、なんだかしんどいです。

向こうから声がかかる、というのが理想です。

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

この方は、大きな組織や団体に所属して講師をされており、ご自分から営業をしなくても「声がかかる」仕事をずっとしてこられました。今年、一念発起して「起業」をし、これから1人で仕事を探していかなくては!というポジションにいらっしゃいます。

 

この方に限らず、facebookで友達を増やすことに抵抗のある女性は多いと思います。

そうですね~、ぶっちゃけ、「女性」なら、facebookでわざわざ知らない友だちなんて増やさなくてもいいと思いますよ。リアルで会ったことのある方とだけつながっていれば十分だと思います。

 

でも「女性起業家」は「普通の女性」じゃないですよね。

※普通の女性が何か?という論点はさておき。

 

起業家はお客様と出会う「入口」を増やすべきです。ここはですね、いろんな説がありますので誤解のないように読んでください。そして何より、いろんな説よりもご自分の考えをしっかり持ってくださいね。

 

 

起業家はなぜfacebookで友達を増やしたほうがいいか?

わたしの場合、わたしの講座へのお申込みは、「知らない方のお友達」からのお申し込みが、とても増えてきました。「知らない方のお友達」???知らない方とは?そのお友達とは?なぜこういう方からのお申込みが増えているのか?

ちなみにわたしは「友達5000人!!」の論者ではありません。というかその考えは好きではありません。わたしのfacebookのお友達数は現在1500人程度です。必死には増やしていません。友だちを増やすかどうか、ここはですね、実は起業家としてのマインドがとても関係してくる部分です。

 

「伝える必要性」ではなく、「友達を増やす」ことにフォーカスするから心理的にストップがかかってしまうんですね。

 

 

さて、また違う女性起業家様からこんな質問がありました。

 

ーーーーーーー ーーーーーーー

マユさんは、facebookで、全然知らない人からの申請もOK出されているのでしょうか?私の場合は、今までにお会いした人しか承認をしていないのです。知らない人からの申請が100人位ありますが、そのままにしてあります。

ーーーーーーー ーーーーーーー

 

 

なんともったいない!私たち起業家の未来のお客様はリアルの知人だけじゃないですよ!まして、リアルな友だちはお客様ではありません!

 

リクエストを頂いたら、その方のタイムラインを見に行って、怪しくなければ友だちになりましょう。怪しいか怪しくないか、その判断は本人次第です。ここは直感で判断しましょう。

 

私の場合、リクエストを頂いた方全員のタイムラインを確認します。

 

見るからに怪しい人はその場でブッタギリマス。

 

・意味ある投稿を頻繁にしている

・友だちの男女比のバランスが取れている

・投稿が、シェアしかしていない人はパス

・政治宗教に触れている人はパス

・外国人で、日本語を使っていない方はパス

この5つを必ずチェックします。

 

どっちにしても、起業家である以上、リクエストをそのままにするのは大変もったいないです。

リクエストする時、私は必ずメッセージをつけますが、巷では、メッセージを付けずにリクエストするのが流行っているようです。

これも本人の自由なのでどっちでもいいと思いますが、メッセージがあった方が、その方の印象も強まるし、その後のコミュニケーションの深さが全然違うものになります。

 

ここが大切で、やたら友だちを増やすことにはさほど意味はないのです。コミュニケーションを取りたくなるような友だちを増やすことに意味があるのです。

 

ですので私の場合、メッセージ無しでリクエストを頂いたとしても、こちらから「ありがとうございます」とメッセージをお返しします。ここでお返事をくださる方とは不思議とその後も、なんらかのコミュニケーションが続くようです。

 

 

facebookの「数」の力

わたしの講座に「知らない方のお友達」からのお申し込みが増えてきたのはなぜでしょう?それはfacebookの「数」の力が大きいです。facebookの友だちは「数」だけではありませんが、この「数」を侮ってはいけません。わたしの講座になぜ「知らない方のお友達」からのお申し込みが増えてきたか、それはこの「数」の力です。

 

facebookの友達の人数が100人だとしたら、1投稿のいいねの数は10人〜20人くらい。※10%〜20%と言われています。

 

「なぜそこにこだわるのかわからない!」

「いいねの数なんてどうでもいい!」

 

そうそう、いいですよ〜普通の女性ならぜんっぜんいい!

ですが、伝えたいものがあって誰かに届けたくて誰かの悩みを解決したい。そんなあなた、どうやってその「誰か」に見つけてもらいますか?テレビCM?新聞広告?雑誌の特集?そんなお金、ちっぽけな一人の起業家にあるわけありません。

facebookの1つ「いいね」その後ろには、100人の人がいると言われています。

 

つまり、いいねを1つもらったら、100人の方がその投稿記事を見ているわけです。未来のお客様は「いいね」をしてくれる方ではなく、その後ろで静かに投稿を見てくれている人たちなのです。

 

 

嬉しいメッセージと一緒に次回の講座のお申し込みをいただきました

姉、○○○○○からの紹介です。姉はマユさんのメルマガをいつも拝見しているそうです。エネルギーがあって魅力的なマユさんの講座が東京で受けられるとのことで、絶対に行ったほうが良い!!

と勧められました。(姉はアメリカ在住の為参加できません…)

私はメイクアップアーティストとして活動中です。女優さんやタレントさんへのヘアメイクをしてきましたが、今は主人の経営する美容室で一般の方へのメイクレッスンも行っています。

どちらかというとレッスンの方に仕事の比重を置きたいと思っており、動画で一般の方々に自分のメッセージを伝えられるような魅力的な動画作りを学びたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

 

—————————————–

 

この送り主の方も、メッセージに登場する方もわたしはまったく存じません

このメルマガの宣伝は、わたしのfacebookでしかしていません。これが何を指しているのかあなたはもうおわかりだと思います。わたしの講座に「知らない方のお友達」からのお申し込みが増えてきた理由。facebookの「数」の力は、未来のお客様が抱えるお悩みをわたしが解決させてもらえるきっかけの「数」なのです。

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事