女性起業家にくる大きな壁(1)

女性起業家さまからのご相談

ある女性起業家さまからご相談を受けました。

 

 

その方は今、ビジネスの転換期におられ、長年ご自宅でされてきたサロンをとうとう外に部屋を借りて本格的に独立をしようと画策されている真っ最中。

 

当然、不動産を借りるには資金が必要なため、その資金を公的機関から借り入れるための保証人をご両親にお願いされたところ、特にお母さまからの反対に遭われ、ほとほと疲れ果てている、というご相談でした。

 

 

お母さまが言ったこと

彼女にお母さまがおっしゃったことは、

◎成功するわけがない

◎自宅でできることをすればいい

◎パートにしなさい

◎失敗するにきまってる

◎借金なんか返せるわけない

◎旦那さんの収入でだめなのか

◎パートして賢く生きなさい

◎子どもに寂しい想いさせていいのか

◎向こうのご両親に示しがつかない
◎女が出すぎたらいけない

などだったそうです。

 

彼女はここまでお母さまに言われてもサロンを借りることをあきらめたりはしませんでした。素晴らしいと思いました。

 

これは大きな壁です。ですが超えられる壁です。ここであきらめるくらいなら、やらない方がいいのです。

 

 

彼女はとても辛かったと思います。一番応援してほしいのが「家族」そしてやっぱり「親」なのです。「親」に応援してもらえるととても安心してビジネスできるものです。それは、取りも直さず、自分は親に応援してもらえる価値ある人間だ、という「自信」につながるからです。

 

喧嘩したり、わだかまりができないよう、細心の注意を払ってお母さまとの電話を切った彼女はすぐに私に電話をかけたかったそうですが、一旦自分が落ち着くのを待って冷静さを取り戻してから連絡されたそうです。

 

この考動も、経営者として二十丸ですね!。

経営者は、興奮状態のまま行動しては絶対にいけないわけです。

 

それは真夜中、好きな人に熱烈なメールをして、夜が明けて猛烈に恥ずかしくなるのと似ています。いや、ちょっと違うか。

 

それはいいとして、そんな彼女にわたしが伝えたこと、それは「すべては自分の鏡」ということでした。それを伝えると、彼女は、「だったら親に感謝しなくては・・・」とおっしゃいました。

 

 

さて「すべては自分の鏡」わたしは彼女になにをお伝えしたでしょう?

 

親子の関係がぐっとよくなるおまじない♪

つづきは明日またお伝えしますね^^

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事