女性起業家にあって男性起業家にないもの

女性起業家と男性起業家の違い

女性起業家が自分のビジネスについて誰かに質問をしたいとき、できたら男性ではなく、女性の経営者に聞くことをお勧めします。男性がダメなのではありません。逆に、優秀な方がとても多いです。

 

 

が!しかし!根本的に、男性起業家と女性起業家は違います

そりゃそうです。男と女は違うんだから。

 

男性に一番理解できないのは、女性のバイオリズムと日々目まぐるしく変化するホルモンバランス。生理前後の集中力欠如のカバー法や、子どもが熱を出した時のビジネスのカバー法

親の介護に育児に家事、ビジネスに集中したくてもできない理由がゴマンとある。言い出したらきりがない。女性は男性に比べ、とにかくもんのすごくやることが多いのです。

 

 

 

そもそも脳のつくりが違う

そういう毎日の雑多なことだけでなく、そもそも脳のつくりが違う

 

何かにぶち当たって困ったり、自分のビジネスについて教えをもらおうとするとき、できたら男性ではなく、女性の経営者に聞いた方が役立つアドバイスがもらえるでしょう。それも、経営がうまくいっていて世の中の役に立っている方に聞きましょう。その方はきっと、あなたの辛さや寂しさまでひっくるめて、あなたのビジネスに活かそうと考えてくれるはずです。

 

とはいえ、

 

毎日の雑多なことやホルモンとかバイオリズムの不調などは、世界中のどの女性起業家、どの女性経営者にも平等に起きています。

 

「理由」が「言い訳」に変わる時、一気にその方のビジネスは急降下していくでしょう。

 

 

だから女性起業家は生き残るのが難しいのですね。

ついつい「だって仕方ないもの」という「甘え」が顔を出すのです。私はいつも「男性は大変だな」と思うのですが、男性にはこの「できない理由」がありません。「仕方ない」は自分が病気になった時くらいです。彼らは自分の人生で「だって」という言葉は使えない。つまり「言い訳」ができないのです。

 

男性と同じように働こう!なんてアホなこと、言いません。

違うからいいのです。

ですが、起業していてちゃんと稼いでいきたいのなら、「だって・・・」という甘えた考えは、まあ1週間くらいで捨てられるくらいの強さを持っておきましょう。

 

追伸:誤解のないようにお伝えしますが、旦那様やパートナーへの相談はもちろん大切なことです。親身に聴いてくれるもっとも身近な存在って、わたしたち女性起業家にとっては涙がでるほど有難い存在。アドバイスがあってもなくても、自分の状態を知っておいてもらう努力はして参りましょうね!

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事