利益が上がる6つの考動

さてさてお金大好きなわたし^ ^。

20歳で上京した時は、手取り11万円、家賃3万5千円の6畳1間。29歳で東京を離れる時は、手取り40万円近く、家賃11万円の2DK。お給料がぐんぐん伸びた秘訣の6つの考動は前回お伝えしました。

 

今日お伝えしたいのは、その6つめにやったこと

手帳に貼って常に教訓としていたものそれは 何か!!!

 

今時の若い人は知らないかもしれません。というか、これを知っている人ってかなり変人かもしれない。それは、泣く子も黙ると言われる「電通鬼十則」です!!ご存知ですか?

 

その当時、電通といえば天下一といっても過言ではないくらい、日本の広告を牛耳る巨大広告代理店でした。その電通が、社員に向けて出している鬼の十則というものを、24歳の時に手にいれたのです。

 

コピーしたものを手帳に貼ってすり減って破れるまで毎日毎日読み返していました。かっこいい考え方だなぁって、惚れ惚れしていました。普通のOLじゃなく、男性に紛れて、業界の中で叩き上げていかないといけない道を選んでしまったわたしにとって、東京はすごく楽しくて苦しい街でした。

 

「ここまでしなくてもいいのかも」と自問自答してサボりたくなったり、くじけそうになったことも
実際くじけたこともたくさんありました。だけど負けたくなかった。誰に?。もちろん自分にです。夢を持って東京に出たわけです。何も成し遂げず福岡に帰るのはどうしてもいやだったのですね。

 

で、この電通鬼十則にはいつも助けられたわけです。

これを見ると、すごく元気が出るし、まだまだだな!がんばろう!という気になるのです。女性は引くかも・・・笑

でもね、この十則、起業家さんにはとても勉強になるものばかりです。どれもこれも的を得ているのです。ここまでしなくてもいいのでは?というものもありますが、哲学ですので、アリです^ ^。

 

では「電通鬼十則」以下に引用させていただきます!

ちなみにこの十則は、Apple創始者スティーブジョブスの残した名言と酷似しています。つまり、ビジネスの考動哲学は普遍、ということですね^ – ^。

 

 

◎電通鬼十則

一、仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

二、仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

三、大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

四、難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

五、取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

六、周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

七、計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

八、自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

九、頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

十、摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事