女性起業家が自撮りをする時の4つの心構えとポイント(2)

身だしなみには細心の注意を!

1)専門家の“自覚”を持つ!

2)身だしなみには細心の注意を!

3)自分の世界観を持つ!

4)撮影は、コンセプトを決めてから!

 

 

今日は2つめ。身だしなみには細心の注意を!についてお伝えします。

 

身だしなみと言ってもアイロンをかけましょうとか、清潔感を大切にとか、そんな当たり前なことじゃぁないですよ。自撮りに必要な「身だしなみ」とは、ご自分のイメージに合致した服装、雰囲気、場所であるか、を気にしましょう、ということです。

 

私たち起業家・経営者が人に会うときは常に、「信頼に足る人物に見られるか」という意識でいないといけません。SNSは自己申告の場、そして、イメージの世界です。服装は、人に強く印象を残します

 

 

 

「自分は●●の専門家」

「自分は●●の専門家」が決まっていれば、このイメージの演出もラクチンですね^^

例えば、

●ヨガの講師だったら、ヨガウェア

●スイミングのコーチなら、スウィムスーツ

●運転手なら制服

●整体師なら真っ白な施術服

という感じになりますね。

 

そういえば今朝、男性起業家さまが、「Facebookで上半身裸の自撮りをアップしたらいいねをすごくたくさんもらいました!」とおっしゃっていました 笑

これからは裸でいきましょう!とお返事したので、明日からの投稿、1人こっそりワクワクしてます(-“-)

 

もちろん「いいね」をもらうために自撮りを投稿するのではありません。

「共感」していただき、「信頼」していただくためにするのです。

そして裸は毎回でなくていいのです。

「意識」するだけで、ご自分と、周りの目が変わってきます。

 

「私は超速いタイムを出させる有能なスイミングコーチです!」と言っている方の自撮りがいつもBarでお酒を飲んでいる酔っ払った写真ばかりだと・・・少なくともSNSからの新しいお客様は、ほとんど望めませんよね^^

 

ご自分のイメージに合致した服装、雰囲気、場所で、ご自分が何の専門家なのかが伝わる自撮りを投稿していきましょう♪

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事