施術系起業のためのマーケティング

絶対にやっちゃいけないホニャララマーケティング

わたしは腰に持病があるので長年にわたって沢山の整体院や整骨院、鍼灸院やマッサージ店を転々としてきました。当時は気づかなかったのですが、整体やアロママッサージ、鍼灸をされる女性起業家さんたちとこの頃お話をする中で、あぁ、そうか、と、謎が解けたことがあります。

 

 

整体院やマッサージ店などに施術に行っても、次回につながる嬉しいサービスを受けたことって、ただの一度もないんですよね。代金を払って、帰り際にもらうものと言えばそこの店舗の宣伝のチラシばかり。これではまったく特別感は感じませんし、記憶にも残りません

 

 

だからこそ、痛みを取ってくれるところを探してジプシーになっちゃうんですねー。

施術は気持ちいいし、効果があるのかもしれませんが、それは施術を受ける立場から言えば当たり前のことであって、特別なことでもなんでもないわけです。

 

また、施術系の起業家さんが集客のために何をしているか、また、これから何をしようとしているかというと、ほとんどの方が、

・ホームページ

・チラシのポスティング

と言うのです。

わたしは、どちらもいらない、と言います。

 

 

たった1人のお客さんを大事に

ホームページをつくるなら、毎日更新できるブログをWordpressでやった方がいいし、チラシポスティングというのは土足のマーケティングの代表ですから、幸運を星に祈るようなもの。100枚に1件ヒットすればラッキーです。

 

 

 

施術系の多くは、集客に四苦八苦しています。

それはライバルが多いからだし、何よりそこに行く「価値」をちゃんと伝えられていないから、なのです。

 

わたしはこうアドバイスします。

●未来のお客さんより、目の前に来てくれているたった1人のお客さんを大事にする。

●お客さんにお客さんを連れてきてもらえるように丁寧にお願いする

です。

 

1回、2回と来てくれたお客さんは十分リピーターになる可能性を秘めています。

その方を特別扱いしてください。VIP待遇です。

 

 

3回目来てくれたら

・喜ぶおまけを用意する

・さほど影響の無い程度の割引をする

・お友達を連れて来てくれたら半額のチケットを渡す

・SNSに投稿してくれたら次回優遇!

などです。

 

ただし、あからさまに値引きしてはいけません。

あくまでも小出しに、あなただけ!感を出すのです。

 

また、施術が終わって帰られる時に「今日はいかがでしたか?」と聞きましょう。

人間、「どうでしたか?」と聞かれて「よくなかった」とはいいません。

10人中9人は「気持ちよかった」と言ってくれるはずです。

心理的に、本人が「よかった」と口に出して言えば、「よかった」と記憶されるものです。

 

見知らぬ人に「うちに来て!」と叫び続けるよりも、目の前の方に「良い思い」をしてもらってまた来てもらうことの方が、集客打率は格段に高いわけです。ビジネスにはマーケティングの知識が必須です。あなたは知らず知らず、土足マーケティングをしていませんか?

 

情報があふれすぎて、メッセージがまともに届かない時代にこの手法を取っている起業家さんはすぐにやめましょう。やめてどうするか、すぐに知りたい方は講座にいらしてくださいね!

 

 

お申し込みはこちら

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事