起業家の投稿には責任があるもの

万人ウケはしなくても、刺さる人には刺さる

あなたはFacebookをやっていらっしゃいますか?

私は毎日ほぼ欠かさず投稿していて、いろんな方が書込みしてくださるので、そのやりとりが好きだったりします。今日もひとつ、投稿をしました。

 

 

それは、滅多にしない、というよりほぼしない、芸能ネタのシェアでした。

その記事をシェアすることで、大切なことを伝えたかったのです。もちろんシェアの記事欄には自分の考えを書きました。自分はこう思う、と。

 

いつものように沢山の方がコメントを書き込んでくれました。

この人はこう思うんだ、そうか、そういう考え方もあるね、知らなかったな、この人もそうだったんだ。沢山の人の感じ方をそこで知り、意見交換して、それでなっとく~で終わるはずでした。

 

ところがです。

 

「あの投稿はよくないですね」というお叱りなのかなんなのか、苦言を呈するメッセージを男性から頂きました。それもものすごい長文!あれ打つだけで相当大変なはず。。。アタシ愛されてる?って
誤解しちゃうレベル

 

うぉぉ、来たぁぁ、老婆心おやじぃぃぃ

 

 

って心の中で、いや、声に出して言っちゃいました。

だってこの人、初めてじゃないんだもん。いつもこうして苦言を言ってくださる方、あなたらしくないですねーとかそもそもあの芸能人はとか、挙句、記事は削除すべきと書かれていました。

 

けっこうこたえます。

 

人は誰しも皆に好かれたいものです。肯定されたいものです。否定されるのは得意ではありません。ですが、一度発信したものは誰かに何か言われたからといって「あ、すみません」と簡単に取り下げてはいけないのです。発信には責任が伴います

 

女子高生がアップするスィーツ写真ならまあ取り下げても構わないけど、社会的に自立している起業家の投稿は、それなりに責任をもって発信すべきなわけです。

 

「ご教示、ありがとうございます」とメッセージに返信したら、

「次回から気を付けてください」と返ってきました。

わたしお大人になったもんです(p_-)

昔なら・・・言うのやめときます。

 

あなたも発信が多くなっていくと、こういうイヤな目(笑)に合うかもしれません。

その時、決して投稿を削除しないでほしいのです。

削除した行為は「自信が無い行為」と映り、「人の意見に惑わされる行為」と映ります。

なにより自分自身が「卑屈」になります。

 

あ、でも、何が何でも!ではありませんよ。

伝えたい、届けたいメッセージを真剣に考えて投稿した場合は、です。

万人ウケはしなくても刺さる人には刺さる。

わたしたちの発信は、それで十分だし、そこに意味が、あるのです。

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事