商品価格を決める

ピカソに学ぶ、商品価値の決め方

あなたはご自分の商品価格をどうやってつけていますか?

周りの女性起業家様たちを見ていると、まだまだ自分の才能を安売りしてしまう方がいます。

 

 

 

新しく作り、これから広めて行こう!という新講座の受講料が3,000円だったり、今までの集大成ともいえるとても素晴らしい商品の価格が30,000円だったりします。

 

「なぜこの金額なのですか?」と聞くと、

「このくらいだったら買ってもらえると思うんです」という答えが帰ってきます。

 

はっきりいってナンセンスです。

 

「このくらいだったら買ってもらえる・・・」なんていう価格の付け方はお客様に対して、とても失礼!ウエカラメセンってやつです。

 

このくらいのお金なら払えるだろう

このくらいの商品で満足するだろう

 

もちろん無意識にですがこういう気持ちが潜んでいます。

 

 

プロ意識

わたしたちは、お客様の問題を解決できない商品、そこに責任を負えない商品を売ってはいけません。こういう中途半端な商品は今の時代、売れません。

 

みなさん、プロという意識があまりにも低いのではないでしょうか。

アマチュアから商品を買いますか?

その道で研鑽を積んだ専門家、プロフェッショナルだからお金を払って価値を買うのです。

 

 

ある時、レストランに食事に訪れた40歳の画家のピカソにウェイターが話しかけました。

 

「このナプキンに、何か絵をかいてください。もちろん御礼はします。」と。ピカソは「いいですよ」と言って、30秒ほどで小さな絵を書きました。そしてにっこり微笑み、「料金は100万円です」と言いました。

 

 

「え?!たった30秒で描いた絵が100万円もするんですか?!」と驚きました。

 

あなたはもうおわかりですね。

この絵は30秒で描かれたのではありません。40年と30秒かけて描いたものだったのです。

 

ひとつの物事が結実して、目に見える価値(商品)は、才能、努力、投資、時間の結果なのです。商品だけではありません。自分そのものの価値を決める時も、目の前にある「結果」ではなく、それが生まれ出るまでの「原因」「経過」に目を向けるべきなのです。

 

ピカソは自分の価値を自分で決めていました。

私たちも、自分の価値は、自分で決めていいのですよ。

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事