時間泥棒になっていませんか?

受取りたいのなら、与えること

「マユさん、ぜひお会いしたいのでランチとかいかがですか?」

3ヶ月前にこういうメッセージをある方からいただきました。

残念ながら女性ですよ、えぇ残念ながら女性です。

 

その方は地元ではちょっと名の通った女性起業家さんでした。

その頃の私はいくつかの仕事を抱えていてかなり忙しく、なんとなく気も進まなかったのでのらりくらりとしていたら、「〇月〇日ならどうですか?〇○ホテルのレストランで!」と、かなり積極的に来られたので、まあいいか、と、のろのろと○○ホテルに行きました。

 

 

なんだか根掘り葉掘り、私のビジネスの仕組みやら、人脈やらヒケツやら・・・いろいろ調子に乗って喋っちゃいました。だって聞くのが上手なんだもん。質問上手ってやつですよ。ついついペラペラしゃべっちゃう。3時間くらいお話したでしょうか。

 

「今日はたくさん聞けてよかったです!楽しかったです!ありがとうございました!」で、割り勘・・・

 

あなたはどう思われます?

なにか違和感ありませんか?

なんかおかしいでしょ?

それ、ちがうでしょ?

 

「・・・え?」っていうのが本音です(-“-)

何がおかしいか、これ、友だち同士なら全然アリです。

でも初対面で、そして起業家同士、それも代表者同士です。

お互いタイムイズマネーなことは百も承知なはずです。

 

なのに3時間もの間、彼女は私に何一つ「与える」ことをせず、自分が「受け取る」ことに終始したのです。

 

 

 

わたしも迂闊でした。目的の無い「会いたいです」にはお応えしないポリシーだったのについつい相手の立場に下心が働いてしまいました。「なんかいいことあるのかもー」なんつって、あぁハシタナイ~。

 

今朝、1人の女性起業家様から、「マユさんのお友達のDさんにお逢いしたいので、ご連絡してもいいですか?」というメッセージをもらったのでこの出来事を思い出しました。

 

「もちろんいいですが、Dさんの益になることを持って会ってくださいね」とお伝えしました。

あなたも誰かの時間泥棒にならないよう十分お気を付け下さい。

 

受取りたいのなら、与える方が先なのです。

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事