いつもの習慣をひっくり返してみる!

先んずれば制す起業家が手にするモノ

●先んずれば制す(史記・項羽本紀)

●先んじて戦地に処りて、敵を待つものは佚す(孫子)

●機先を制す

●一番槍

●先手必勝

 

これらの類語がいわんとしていること、それは、

「なにごとによらず、人より一歩先に気づいて着手すれば、ものごとに成功する糸口をつかむことができる」、ということです。

 

多くの女性起業家様と日々接する中で気付くことは、多々あるのですが、中でも見つけた絶対の法則、それが「先んずれば制す」です。

 

講座受講費の振込が一番の人は、講座前の宿題の提出も、講座当日の出席順も、講座後のアンケートの提出も何もかもが「一番」です。

 

べつに期限内なら一番じゃなくてもいいでしょ?と思われるかもしれませんね。

でもそれは「受け手」の考え、つまり「お客様目線」の思考です。

起業家であり経営者なら主催者である「経営者目線」で物事を考えるべきです。

 

あなたが主催される講座に、全てを1番に提出される方と、全てをギリギリに提出される方、どちらの印象がいいですか?どちらが積極的に映りますか?そして、どちらにより役立つ情報を与えたいと心が動きますか?

 

「スピード」を習慣として身に着けている人ほどビジネスがうまくいく理由は、そういうところにもあるわけです。

 

 

講座受講でのアクシデント

ところで、今日は私の講座の日でしたが、昨夜から今朝にかけてちょっとしたアクシデントがありました。数週間前に私とFbメッセージで受講する?しない?のやりとりをされていた女性起業家様がいました。その方からのメッセージはその後途絶え、正式な申し込みはないままでしたのでてっきり受講されないのだろうと思っていました。

 

 

ところが受講前日の昨日の夜になり「私、受講することになってますよね?」とメッセージをいただいたのです。確認を怠った私にも非があると思い、既に講座は満席でしたが、お席と資料を急いで準備しました。

 

しかし、講座当日の今朝早く、「やっぱり今日はやめておきますね」というメッセージを頂きました。講座前日の夜遅くのやりとりとなり、確実に連絡が行き届かなかったことがキャンセルの理由だと思いますが、その方は、講座に来ていたら間違いなく得ていた「益を手にすることができませんでした。

 

習慣をひっくり返してみる!

この「益」は、ひょっとしたら次の講座までの1ヶ月の間にさまざまな利益を彼女にもたらしたかもしれません。起業家、経営者は、「やろう」と思ったその瞬間に「手」を打つことが大切です。「迷うかも」とか「行かないかも」という“左脳”の奴隷(笑)になって「手」を打つことを後回しにする、これはひとつの「癖」です。

 

●後手に回る

●先を越される

●遅れを取る

●取り残される

 

スピードが遅い起業家様は、残念ながらビジネスはうまくいきません。

習慣をひっくり返してみる!ビジネスが回り出すコツは、そんなところにもあったりします。

 

先んずれば制す、昔の人は、うまいこと言ったもんですね(^^)

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事