起業家はたった一人のお客さまに喜んでいただくこと

お客様の悩みを100個言えますか?

私が個別契約を結んでいる女性起業家様たち全員に、最初のうちに必ずやっていたくことがあります。まず最初に時間をかけて、その方のたった1人のお客様を絞り込んでいただきます。

 

 

こうして書くと簡単そうなんですけどね、もうそりゃ本当に大変なんです。大変だから1人ではできない。なので私みたいなものがついていたほうが見つけやすくなるわけです。

 

そうしてたった1人に絞り込んだら、そのお客様のお悩み100個書き出してもらいます。あなたは、ご自分のお客様のお悩みをいますぐ100個、書き出せますか?

 

え!100個もですか?!だいたいみなさんそうおっしゃいます。「では何個なら出そうですか?」と、シレ~っと私が質問します。5個?20個?みなさん、う~ん・・と唸ります。もちろんちゃんと100個出せるんですけど、考えたことがないからびっくりしちゃうんですね。

 

この100個のお悩みを出すのに3ヶ月かかった方がいました。

 

 

わたしは「早く出しましょう!」なんて急かすことはしませんので、起業家様のペースをじっと見守ります。えぇ見守りますとも、それはもぉ辛抱強く母のように優しくおおらかにギリギリ歯ぎしりしながら・・・

でもね、お客様のお悩みが100個出せない。これ、ちょっとキツイ壁になります。

 

 

お客様のお悩みが書けない

なぜ自分はお客様のお悩みが書けないのかしら・・・つまりそれって、「自分はお客様のことに興味が無い!」ってこと?ということを誰に言われるのではない、自分で自覚しちゃうんですね。

けっこうきついと思います。ショックだと思います。

 

もちろんそういう方でも、しっかり100個出せるようになります

こうして一つ一つ壁をクリアして、起業家として成長していかれるんですね。ハッキリ言いますが、
お客様の悩みがわからないと商品やサービスは作れないし、買っていただくこともできません

 

 

視点を変える

お客様の悩みが100個出せない起業家さまは、視点を変えることをオススメします。

 

●どうしたら売れるんだろう

●どうしたら来てもらえるだろう

●どうしたら紹介してもらえるだろう

●どうしたら人気になれるんだろう

そんなことを考えるのを、まずやめましょう。

 

●何に困っているんだろう

●何を悩んでいるんだろう

●何を解決してほしいんだろう

●何があれば嬉しいんだろう

という風に考えるようにしましょう。

 

 

 

私たち起業家は企業とは違う

私たち起業家は企業とは違います。でっかい仕事をするのも悪くはありませんが、その前に、たった1人のお客様に心から喜んでいただくこと。それが起業家の仕事だとわたしは思っています。

 

たった1人のお客様の悩みを解決すること。

 

ただただ、本当に、それだけでいいんです。それだけのことが、100人、1000人に届く。それが、起業家の持つべき「感謝の仕組み」というものなのです

 

。今すぐ1人に絞りたい方!100個の悩みを見つけたい方!そして「ありがとう」をもらえる仕組みを作りたい方は、講座にお越しくださいね(^^)

 

 

お申し込みはこちら

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事