売れる商品は「必要じゃないもの」

2000年の努力が水の泡(/_;)

平成12年(2000年)4月1日に施行された介護保険制度

この時、何が起きたかというと、民間のあらゆる起業家が躍起になって「小規模デイサービス」施設をあちこちに造りました。広告のプロモーションをしていた私の会社も少なからずこの「介護保険バブル」に乗り、あちこちのプロモーションの企画やら制作に携わったもんです。

 

「中村さん!これからは介護ですよ!」

「介護はね、儲かりますよ!」

「デイサービスの施設数はコンビニより多くなります!」

 

そう言って、あちこちの社長さんの鼻息がすっごく荒々しかったのを覚えています。

 

 

で、いまはどうなっているかというと小規模デイサービスの供給過剰が指摘され、あちこちで廃墟や閉鎖となった施設が目につくようになりました。

 

あぁ空しい・・・

わたしが手伝ったあの施設もとうに消えてなくなっています・・・

介護は絶対に必要なものなのになぜうまくいかなかったと思いますか?

 

 

うまくいかなかった理由

政治的な話しは置いといて、ビジネス的に考えると理由は大きく2つです。

 

●1つ目:「お金儲け」に走ったから。

 

 

経営者がお金儲けの為に始める新事業って働く人にとっては楽しくないです。夢と希望も「お金」なわけなので最初はよくても、段々楽しくなくなっていく。仕事は楽しくないとうまくいかない法則なのですよ、不思議だけど本当です。

 

 

2つ目:「絶対必要なもの」だったから。

 

 

人って、必要なものにはお金を払いたがらないものです。

教科書、医療費、義務教育費、水道光熱費、介護費。

生きるために絶対必要なものって「国」が払うべきなの!そのために税金納めてるんだから!っていうのが大多数の人たちの考え。だから2000年の介護保険バブルは、あっという間にダメになっちゃいました。

 

売れる商品というのは「必要じゃないもの」なのです。

必要とされる商品は売れません。

盲腸の手術代は「高いなぁ」って思うけど、永久保証付きのリフトアップ施術には500万かかっても「高い!」ってクレームは無い。

 

ここはわたしの講座でもお伝えしてますが、売れるのはニーズ商品じゃなくてウォンツ商品だよ!
ってことなのです。

 

あなたさんの商品はウォンツ商品ですか?

毎日何かを買っていると思うけど、「これはニーズで、こっちはウォンツ」と、ゲーム感覚で買い物すると、なにげにビジネス的な感覚が研ぎ澄まされていきますよ(^^)。

お金儲けが悪いのではありません。お金儲けが目的になってはいけない、ということです。世の中に必要とされない商品で、人に喜ばれる仕事を楽しんで儲かりましょう♪

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事