商品企画書のつくり方(6)

企業はなぜ企画書を自分で作らない?

わたしの会社は、企画書作成代行サービスからスタートしました。

いまでも時々「企画書を作ってほしい」というお問合せやお仕事をいただきます。

 

なぜ企業は、自分たちで企画書を作らないのでしょう。

 

 

自分の会社の大切な企画書を、なぜ、まったく見ず知らずの人に代わりに作ってほしいと思うのでしょう。あなたはなぜだと思いますか?

 

答え合わせは明日します。考えてみてくださいね(^^)

 

 

今日の企画書★

さて、今日の企画書★

昨日は5ページに入れる「その悩み、私が解決できます!」~なぜならば~でしたね(^^)

 

今日お伝えする6ページは、昨日の補足!

「その悩み、私が解決できます!」~どうやって~です。

 

 

5ページで、「私があなたの悩みを解決する“理由”」を伝え、

6ページで、「私があなたの悩みを解決する“方法”」をしっかり具体的に伝えましょう。

 

お客様の信頼度と安心感は、ここでグググっと上がります。

 

もう気持ちは、

「お願いしたい」

「買いたい」

「売ってほしい!」

という気もちになりかけています。

 

でもまだ「なりかけ」ですので、「私があなたの悩みを解決する“方法”」を、真摯に誠実にお伝えする必要があるのです。

 

ビジネスはお客様の問題解決。

 

このことをしっかり理解して、あなただけの企画書をつくってくださいね!

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事