商品企画書のつくり方(7)

企画書をつくれる人がいない

企画書作成代行サービスもやっている私の会社に時々いただく「企画書を作ってほしい」というお問合せ。

 

なぜ企業は、自分の会社の大切な企画書を、なぜ、まったく見ず知らずの人に代わりに作ってほしいと思うのか。

 

答えは単純明快!

「企画書をつくれる人がいないんです!」です(^^)

 

 

 

今まで、たくさんの企業様に代わって企画書を作ってきましたが、どの担当者さんも「企画書をつくれる人がいないんです!」と、同じことをおっしゃいます。資料はつくれるけど、企画書はつくれない。なぜか。。。

 

企画書の最大の目的は「クロージング(成約)」です。クロージングするための企画書には、作り方にルールがあります。文字の大きさ、レイアウト、フォントの選定などにもルールがあります。

これを知らずに作っても、クロージングできる率は極めて低いのです。

 

今日で(7)回目のシリーズですが、私が25年やってきた企画書の作り方をぎゅ~~~~っと絞ってお伝えしておりますよ(^^)

お役に立てれば売れしいです(^○^)

 

 

今日の企画書★

さて、今日の企画書★

今日お伝えする7ページは、いよいよ本題に入っていきます!

7ページのタイトルは、「解決したらこうなります!」

プラスの未来予想図をお見せしましょう。

 

 

 

自信を持って、しっかりと、明るい未来予想図をお見せし、「変わりたいい。。。」「悩みがなくなるかも。。。。」と思っていただくこと。

こうすることで、お客様の信頼度と安心感は、グググっと上がります。

 

ビジネスはお客様の問題解決

 

ここは非常に重要なポイントです。

しっかり予行演習をして参りましょう(^○^)

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事