「飽き性」は「革命家」

飽き性の起業家が世界を変える

「よし!やろう!」と決めても3日坊主で続かない。

こんな方、とても多いですね、そういうわたしもその1人です。

 

あなたはどうですか?

やる!と決めたらずっとやり続けられる人?

 

わたしなんか、元旦に「今年こそ日記を書く!」と決めて2週間以上続いたためしがないし、りんごダイエットも、毎朝のストレッチも、ウォーキングもまったく全然続きません。

 

 

こういうとき、そんな自分のことを

「続けられない自分はだめな人間だ」

「何をしても続かないなんて情けない」

って思いがちですね。わたしもそう思っていました。

 

でもね、違うんですよ。

同じことが続けられない人って、革命家タイプの人がほとんどです。

自分に合っていないこと、自分の気持ちが乗らないこと、ワクワクしないことは続けなくていいと思います。

 

 

「飽き性」は「革命家」

革命家タイプは、世界のどこを探しても存在しないようなサービスや商品を発明したり、自分が望む世界を自分の手で作り出していく人。

 

 

Appleの創始者のスティーブ・ジョブズや、Facebookを創ったマーク・ザッカーバーグなどは、革命家の代表ですね(^^)

なので、「続かない」ことは、全然悪いことではありません。むしろ、どんどん色んなことにチャレンジし、「なんか違う」と思ったら、また次のことをやればいいんです。

そして、ハマることを見つけたら、そこで発揮されるエネルギーはすさまじいものになります。

 

 

自分がハマるものを見つけるのが人生の目的です。

 

 

そういうものを見つけるために、時間とお金をかけられるといいですね。

 

今日はちょっと人生相談みたいになっちゃいましたが、起業家として何をしていくのか、ここに大きく関わるので、「飽きっぽい」人を大いに賞賛したいなーと思ったのであります(^^)

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事