ブランドイメージを、タダで一瞬で100倍にする方法

感動し共感したものはシェアされて、ますます伝播していくもの

機内

 

勉強のため東京に一泊した翌日のこと。

 

この日の東京は雲一つない青空。あと10日ほどで年が明けるとは思えないほど過ごしやすい気温で、清々しい気持ちで空港へ向かいました。

 

午前中の便で福岡に帰るために予約した飛行機はSK○Ma○k。

料金が安い代わりにサービスやCAの笑顔に期待をしてはいけない、という暗黙の了解のある会社です。もちろん数多く私も利用しているので、大体のサービスはわかっていますし、過大な期待もしていませんでした。ところが今日のフライトでは、このSK○Ma○kへのイメージが大きくアップする出来事がありました。

 

 

1.眼下に広がる日本一美しい山

 「左手前方に、富士山が見えて参りました」というCAの声。

 

fuji

 

よく晴れた羽田発福岡行きの飛行機では、できるだけAかBの座席を予約するのは富士山が見たいから。見える見える♪今日の富士山はまた格別に美しい!

 

A席に座って富士山を独り占めするおじさんに「すみません!ちょっと見せてください!」と厚かましく迫るB席の私。わ~♪綺麗ですね~~♪すごいですね~♪と、自分の膝に触れんばかりに身を乗り出すわたしに苦笑いするおじさん、いつもすみません。

 

機嫌よく窓にへばりついていたそんな時、その機内アナウンスは流れました。

 

 

2.突然の機内アナウンス

 

mike

 

「みなさま。おくつろぎのところ失礼いたします。副操縦士の○○です。本日は強い向い風のため、福岡空港への飛行時間が予定よりかかってしまい、まことに申し訳ございません。」

いや、これは普通のアナウンスですよ。わたしが感動したのはこの後です。

 

「私事ではございますが、今日は副操縦士として初フライトでございます。いつも迷惑をかけている両親を機内に招くことができました。少し親孝行ができたか、と思い、今日は記念すべきフライトとなりました。ありがとうございます。」

 

たった1分にも満たない短い短いアナウンスでした。ですが、わたしの感動はマックス!

 

「なんて素敵な!ご両親はどこ?みんなで拍手喝采しましょう!」

といいたい気持ちをぐっとこらえ、わたしがやったことは、ひとつの動画をつくることでした。

 

このアナウンスを聞いてから10分後に完成させ、機内を降りた瞬間にFacebookに投稿し、その3日後、信じられない奇跡を起こしてくれた50秒の動画はこちらです。

 

 

★せっかくなので、上に書いた「文字」と、これからご覧いただく「動画」の副操縦士さんの言葉を比べてみてください。あなたはどちらが感動し、情景が浮かびますか?ちなみに、文字は一語一句変えておりません。

 

 

3.動画が起こした感動の伝播

この動画はアップした瞬間から、いいねの伸びに勢いがあり、たくさんのコメントをいただきました。これは、みなさんが、この動画に「感動」し、「共感」してくださったからです。

 

人は、感動すると、その感動をさせてくれた人御礼を言いたくなります。

さらに、共感すると、誰かにそれを伝えて、感動広めたくなります。

これを「感動の伝播(でんぱ)」と言います。

この「感動の伝播」が起こす力を最も持っているのが、「動画」。次いで「写真」です。

 

 

4.動画が引き寄せた奇跡

さらに、3日目に信じられない奇跡が起こりました。

アナウンスをされ、今日がはじめてのフライトです、とおっしゃった副操縦士さんのお母様から、私のFacebookにメッセージをいただいたのです。いただいたメッセージをそのまま引用させていただきます。

 

「先日は息子の機内アナウンスを素敵な動画にしていただき誠にありがとうございました。この動画を見る度、目に涙が・・・。息子は夢が諦めきれず結婚後すぐ免許を取得する為、一人で渡米。息子を今迄支えてくれたお嫁さん、それに沢山のコメントをくださった皆々様に感謝いたします。本当にありがとうございました。」

 

こんなに温かいコメントを頂くことができて。わたしはなんて幸せなのでしょうか。嬉しくて幸せで、すぐ、いいねやコメントをしてくれたみんなに伝えようと、またFacebookに投稿しました。

 

副操縦士のお母様にまで動画が届いたのは、わたしの投稿を見た友人がもっと感動を広げたいと思い、こっそりSK○Ma○kさんのFacebookページに、動画のリンクを貼ってくれたお陰です。

 

感動し、共感したものは、シェアされてますます伝播してきます。

それはまるで、池に投げ込まれた小さな小石が起こす波紋のようなもの。

どんどんどんどん大きく広がっていくのです。

 

機内でつくったこの動画は、4日間で4800回の再生回数となりました。広告でもない、ふつうの人(わたしのこと)がただアップした動画で5000回近い再生回数というのは、感動が感動を呼んだ結果なのです。

 

 

5.まとめ

もうお分かりですね。

ブランドイメージを、タダで一瞬で100倍にする方法

 

SK○Ma○kさんは何もしていません。でも、この投稿を見た人は、SK○Ma○kさんに対するイメージが上がりました。実際「乗ってみたい」「次はSK○Ma○kに乗ります!」というコメントを多くいただいています。もちろん、こういうアナウンスをよしとする社風は大変素晴らしいし、わたしは大好き。そこにも、ユーザーは気づくのです。「この会社はいい会社だ。」と。

 

CMや移動空間に巨額のお金をかけるよりも、副操縦士さんの短い機内アナウンスで、十分伝わることがあるということ。

これは大企業だけでなく、一人の起業家としても同じことがいえるのです。

 

ブランドイメージというのは、四角四面の形式ばったことでも、難しいことでもなく、「どんな人が、どんな思いで、それをやっているのか」正直に、心を込めて伝えるほうが、伝わりやすいですし、それが、もっとも、いちばん、大切なことなのです。

 

 

10日間でブランディングノウハウが習得できるメルマガ

 

無料Ebook?売上につながる自撮りがカンタンにできるようになる教科書プレゼント!

プレゼントPDF

 

 

オトナの女性起業家のための
売上につながる
自撮りカンタンにできるようになる教科書
プレゼント!

 

 

47ページにわたるオトナの女性起業家のための自撮りの教科書をつくりました(^^)

今日から自撮りで美人力を上げて、売上につなげていきましょう!

 

 

ebook

 

 

 

 

ヴィーナスムービーメール講座

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事